HOME > 病院のご案内 > 病院の沿革と概要

1. 沿革

昭和13年01月 県立古里保養院(結核療養所)として創設   

昭和16年04月 附属看護婦養成所開設   

昭和22年04月 厚生省に移管、国立療養所古里保養園と改称   

昭和28年04月 附属准看護学院開設   

昭和44年04月 国立療養所富山病院と改称、重症心身障害児の収容開始   

昭和57年04月 附属看護学校(3年課程)開設   

昭和59年02月 結核病床(50床)を一般病床に変更

平成16年04月 独立行政法人国立病院機構に移行

           独立行政法人国立病院機構富山病院と改称

平成21年12月 電子カルテ導入
平成22年10月 敷地内禁煙

平成24年07月 結核病床を30床に変更

 

2. 富山病院の概況 (2015年6月1日現在)

【敷地及び面積】 敷地 77,193u   建物 18,485u

【診療科】 小児科、内科、循環器科、精神科、外科、呼吸器科、アレルギー科、リハビリテーション科、歯科

【病床数】 

一般病床
110床
結核病床
30床
重症心身障害児病棟
170床
310床