HOME > 診療科・部門 > アレルギー科

担当医の紹介

金兼千春(かねがね ちはる)

金沢大学医学部卒、日本アレルギー学会専門医、日本小児科学会専門医


診療時間のご案内

 
午前 休診
午後 休診

○:診察日

◎:小児科と併診

△:緊急時は対応が可能。希望される場合には、外来まで電話でご連絡を!

※上記以外に学会・出張等でお休みをいただく場合があります。


診療内容の紹介

気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、蕁麻疹、食物アレルギー  

 

 小児を中心に診療を行っていますが、成人の方でも、気軽に受診していただいています。 (ただし、高齢の方や内科的な病気をお持ちの方は、お断りする場合もあります)


 最近は、小児のアレルギー性鼻炎の患者さんが増えており、症状が続いたまま放置したために副鼻腔炎(蓄膿症)や中耳炎を合併する患者さんも多いですね。完治は難しいのですが、今は様々なお薬が選べるので、良好なコントロールを期待できます。
  アトピー性皮膚炎の方を中心に、スキンケア指導も行っています。アトピー性皮膚炎がなくても、最近はドライスキンの方が多くて、かゆみのコントロールや湿疹の治療を希望して受診されることもあります。
  食物アレルギーに関して、診断・治療を行っています。小児の卵アレルギーなどでは、年齢とともに治癒するものもあります。食物負荷試験による治癒判定も行っています。

  気管支喘息は、良い治療を選択できる時代になって、昔に比べると、コントロールはとても良くなっていますが、それでもなかなか喘息発作が治まらない方もあり、簡便な呼吸機能の測定などを行いながら治療することもあります。

 

 中には、ご自分の症状がアレルギーなのか、わからなくて受診される方もあります。「あれっ」と思ったら、気軽に受診なさってみてもいいと思いますよ。