HOME > 診療科・部門 > 薬剤科

2013年4月現在、薬剤科は薬剤師5名、薬剤助手1名で多岐に亘る薬剤関連の業務に取り組んでいます。薬剤科では、当院の基本理念に則り患者さん目線に立った業務を心がけており、医薬品の適正使用・安全使用に貢献できるように日々努力しています。

当院では、厚生労働省の方策に沿って医薬分業の推進と後発医薬品(ジェネリック医薬品)の普及に努めています。皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。

 

【薬剤科の主な業務内容】

調剤 医師の処方に基づいて患者さん個々のお薬を調合します。
製剤 高カロリー輸液を始めとした注射薬を無菌的に調製する業務を中心に実施しています。
医薬品情報管理 医療従事者はもとより患者さんを含めたお薬の情報収集・供給を中心に活動します。
薬剤管理指導 お薬の服用方法、注意点等を患者さん若しくは家族の方に直接指導し、服薬状況の確認・副作用の発現の有無のチェック等を通じて総合的に薬物治療の効果を高めます。
薬務 医薬品の購入・在庫管理を中心とした業務を行います。
治験管理室 新薬開発のための臨床試験等をサポートします。

 

上記の業務の内、「調剤」「薬剤管理指導」業務の一環として実施している服薬指導は、特に力を入れており、薬剤師の立場でお薬が正しく使用していただける様な指導を心がけています。
当院の薬剤師は、栄養サポートチーム(NST)、感染対策チーム(ICT)、医療安全管理対策、褥瘡対策チームなどにチーム医療の一員として積極的に参画しており、その職能を発揮すべく努力しています。

 

 

調剤

内服薬(外用薬)   

1.
電子カルテ(オーダリングシステム)で医師が指示した処方箋の内容(量、飲み方、飲み合わせ等)が問題ないかを鑑査システムを利用しながら薬剤師がチェックします。

2. 薬袋と薬剤情報提供文書(処方内容の説明文書)を作成します。

3.
処方箋に基づいて必要なお薬を取りそろえます。識別が困難な粉薬については、安全のためにバーコードを使用した薬剤の認証システムを採用しています。

4.
服薬管理が困難な患者さんには、医師の指示により錠剤の一包化も行っています。

5. 調剤した薬剤師と別の薬剤師がダブルチェックを行った後に患者さんに薬剤を交付しています。

6.
調剤したお薬の交付時には、お薬の内容、注意事項などを説明しています。必要に応じて吸入指導などの実地指導も行っています。

 

注射薬

医師の指示した内容に問題がないか薬剤師がチェックを行った後、患者毎に注射薬と施行ラベルをセット化して病棟へ払い出しています。治療効果が高い反面、配合変化、投与量、濃度、投与速度など様々な面での注意が必要な注射薬では、より慎重な監査を心がけています。病棟では、注射薬を患者さんに実施する際にバーコードを用いた認証システムを採用しておりより安全に投薬できるように工夫されています。

 


製剤

臨床上必要であるのに市販されていない薬の調製を行っています。クリーンベンチを備えており、高カロリー輸液などの無菌的な操作が必要な薬剤の調製も行っています。

 

 

 


医薬品情報管理

お薬を有効且つ安全に使用するために、医薬品に関わる様々な情報を収集し、医師・看護師を始めとした医療従事者に伝達する業務を行っています。定期的にDI(Drug Information)ニュースを発刊し、新規採用薬剤の情報、医薬品・医療機器の安全性情報などを医療従事者に供給しています。医療従事者からの薬に関する質問事項についても随時対応しています。また、電子カルテによるオーダーリングに必要な医薬品マスターの作成・管理などの業務も担当しています。

 

薬剤管理指導

薬剤師が患者さんのベッドサイドへ伺い、お薬の服用方法、注意点、効果、必要性等を患者さん若しくは家族の方に直接指導し、服薬状況の確認・副作用の発現の有無のチェック等を通じて総合的に薬物治療の効果を高めるようにサポートしています。当院では、医師・看護師等と連携を密にして、より安全で適切な治療が行われるように配慮しています。

 


薬務

医薬品の購入・在庫管理を通じて病院経営に貢献しています。バーコードを活用した発注システム(POS)を導入しており、より効率的な在庫管理に努めています。使用頻度が少ない薬剤や高額な薬剤の在庫管理にはトヨタ自動車で有名なカンバン方式を併用しています。