ようこそ栄養管理室へ

ようこそ栄養管理室へ、私達が生きていくために必要なもの、食事!(^O^)
食事は、私たちに栄養だけでなく、楽しみや喜びも与えてくれます。
栄養管理室では、医師の指示のもと、患者様の病状に応じて適切な食事を提供し、 入院・外来の患者様全てに適切な栄養管理のお手伝いができるよう、 病院の理念である「志は高く目線は低く」をモットーに日々、努力しています。

食事の種類について

食事は病気治療のうえで重要な役割を果たしています。 当院では患者様の病状に応じた食事を用意しています。
  • 糖尿食、肝臓食、腎臓食、心臓食、高血圧食、アレルギー食などの治療食
  • 流動食、3分菜、5分菜、7分菜、粥菜食、軟菜食、常食などの一般食
  • きざみ食、ミキサー食など食べやすい形態調整食

食事について

食事時間は  朝食7時10分 昼食12時00分 夕食18時00分
重症児病棟は 朝食7時20分 昼食11時15分 夕食16時15分となっています。
献立は、季節ごとの旬の素材を取り入れ、祝日などには散らし寿司やおこわなどの行事食も用意しております。
また10日に3回程度、一部の食種(常食・軟菜食・粥菜食)の患者様で、 朝食・昼食をそれぞれ2種類のメニューから選べる献立の日を実施しています。

栄養指導

生活習慣病をはじめ多くの病気の原因は、栄養・食生活と大きな関わりがあります。
当院では個別指導を中心に管理栄養士が糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病に対して食事指導や栄養相談を随時行っています。 日頃栄養や食事についてお悩みの方は、いつでもご相談下さい。

衛生管理

細菌性食中毒予防の三原則「細菌をつけない」「細菌を増やさない」「細菌を殺す」を徹底し、 衛生管理マニュアルに則って、清潔・迅速を主眼に、給食の安全を心がけています。

活動の紹介

12月には院内餅つき大会、また5月中旬には「看護の日」にあわせて婦中ショッピングセンター「パピ」中央広場において、 医師・看護師・栄養士による「まちの健康相談」を行っています。
 あなたの家のみそ汁の塩分量はどれくらいでしょう? みそ汁をご持参の方はその場で塩分量を測定致します。 また栄養に関することは、何でも気軽にご相談下さい。どなたも参加できますよ!