放射線科


当院の放射線診断は、一般撮影、CT撮影、X線TV透視、血管造影などの検査をおこなっています。最新の装置・機器が導入されて、すべてのX線画像がデジタル処理により安定した品質の高いX線写真を提供しています。また、病院の理念である「理念は高く 目線は低く」をモットーに「安全・丁寧・思いやり・迅速」を放射線科のスローガンとして常に患者さんに接遇することを心掛けています。



一般撮影検査(CRシステム)

 主に胸部、腹部、骨などのX線撮影検査でCRシステムによりX線画像はデジタル処理されて高品質のX線写真が提供されます。


CT検査(マルチスライスCT)

 X線を利用し、データをコンピュータ処理して人体の輪切りの写真(断面像)を撮影する検査です。 マルチスライスCTの導入により、人体の広い範囲をより精細に高速撮影が可能となり、短時間で画像データの処理ができ、鮮明な3次元立体画像や任意の断面像が構成できるようになり診断支援に役立っています。



3D画像(脳血管)


X線TV検査(DRシステム)

 主に食道・胃・十二指腸透視、大腸(注腸)造影などの消化管検査に利用され、造影剤を使用しながら人体の臓器を透視してX線写真を提供します。この検査装置もデジタル化され鮮明な画像を瞬時に観察することができます。



血管造影検査(DSA)

 血管内にカテーテルを挿入し、造影剤という薬を注入して血管の状態を検査します。最近では目的の臓器の血管へ薬を注入したり、ステントという管を挿入して狭い血管を拡張させる血管内治療(IVR)がおこなわれています。



 X線検査時は、貴金属、ボタン等が妨げになる場合があり、用意した検査衣を着用していただくことがあります。なお検査内容や「患者さんが受ける放射線量」についての質問等は、担当の診療放射線技師にお気軽に声を掛けてください。