医事係について

 医事係は、おもに医療に直接関係のある事務を扱っています。
 医療費に関することが中心ですが、それに関連して、 医療費や公費助成制度などのご相談にも応じますし、 また当院へのご提言や苦情などの窓口ともなっています。  診療に関連して分からないことや疑問のある場合、まずは医事係に声をおかけ下さい。

<当院に関わりの深い公費助成制度 代表的なものについて>

医療費には県または市町村からの助成制度が受けられるものがあります

1.障害児施設医療、又は、措置入院

児童福祉法による重症心身障害児(者)の方が対象です。

2.短期入所(ショ−トステイ)

富山県の指定を受けて、重症心身障害児(者)の方を対象に行っています。 各市町村の福祉課が相談窓口となっています。
ご利用の際、保護者の所得やご本人の所得に応じて一部負担があります。
また、入所期間中に食事代として、1日あたり1570円(消費税込)の負担があります。

3.特定疾患

原因不明で治療方法が確立していない、いわゆる難病のうち、 特定の疾患(パ−キンソン病、多発性硬化症、重症筋無力症など)の方については、 医療費の公費助成の対象ですが、生計中心者の所得に応じて一部負担があります。
また、都道府県によって対象の疾患が多少異なります。
詳細については、厚生センタ−等にお問い合わせください。

4.小児慢性特定疾患


小児の慢性疾患のうち特定の疾患(喘息、慢性腎疾患、慢性心疾患、内分泌疾患など)の方については、 公費の助成制度がありますが、条件等(疾患、入院期間等)により一部負担があります。
また、疾患により対象年齢が異なります。 詳細については、厚生センタ−等にお問い合わせください。

5.心身障害者


身体障害者手帳1・2級及び療育手帳A・BT判定の方は、医療費の自己負担分が助成されます。(入院時は食事の自己負担1日につき780円のみあります。)
各市町村によって助成金額が異なります。詳細については各市町村の福祉課窓口にお問い合わせください。
富山県外の方は一時お支払いしていただきますが、市町村で手続きをすれば償還されます。

6.乳幼児健康診断


乳幼児(1歳6か月児及び3歳児)の精密健康診断の助成制度です。

7.予防接種


麻しん、風しん、ジフテリア・百日せき・破傷風(三種混合、二種混合)・日本脳炎予防接種、ツベルクリン反応検査、BCG接種の助成制度です。 無料の接種券を持参してください。

8.乳幼児の医療費助成


富山市内の6歳以下の未就学児の乳幼児の医療費助成制度です。 受診の際、窓口へ保険証と一緒に所定の用紙(福祉医療請求書)をお出しください。 他の市町村も同様な制度がありますが、年齢など条件が多少異なります。