臨床検査科紹介

病院で受ける検査は目的によって検査項目が異なり、集団検診や人間ドックなどあらかじめ決められた検査を行う場合や、 個人での外来受診では医師の問診や打診、聴診などにより検査項目が計画され、 その検査結果をもとに医師が病気の診断や病態の把握、治療を行っています。 したがって、健康管理や病気の診断、治療に関して医師の診察と検査はとても重要なことです。

検査のご説明

なるほど・ザ・検査 ミニ知識
 (PDFファイルでご覧になれます)

検査の種類

検査の種類は大別すると、患者さんから採取した材料(検体)を分析する検体検査と、 患者さんのからだを直接調べる生体検査の2種類があります。 下記は、当院で行っている主な検査項目です。


<検体検査>

  1. 一般検査(尿、便など)
  2. 血液検査
  3. 生化学検査
  4. 免疫血清検査
  5. 輸血検査
  6. 一般細菌検査
  7. 結核菌検査

<生体検査>

  1. 心電図検査
  2. ホルター心電図
  3. エルゴメーター検査(医師実施)
  4. 脳波検査
  5. 肺機能検査
  6. 聴力、視野検査
  7. 超音波検査(医師実施)
これらの検査を国家資格である臨床検査技師4名で行っています。 私たちは受診される皆様の健康管理や病気の早期診断そして治療のため、信頼できる検査業務に努めています。