呼吸器科へようこそ

当院呼吸器科は、計50床の結核病床という県内最大の呼吸器科病棟を有しており、 平成16年4月の病院独立行政法人化とともに、気分も一新し業務に励んでいます。
当病棟は戦前の古里保養園からの伝統を受け継ぎ、 短期入院では対処できない重症患者さんや社会的経済的に困窮した患者さんを主体に、 多くが他施設からの紹介入院です。
呼吸器専門医では対処が難しい、 呼吸器以外の身体的精神的合併症や困難な社会的経済的背景を持つ患者さんについての豊富な臨床経験を有しています。
診断面では、蛍光塗沫染色や迅速液体培地(MIGITT)、抗酸菌(TB&NTB)に対する迅速核酸増幅検査(PCR)、 および抗酸菌感染既往抗体(マイコドット)の院内検査が可能で、早期診断能力の向上に努めています。
また、結核病床50床のうち24床は陰圧密閉化されており、うち4床(2個室)が多剤耐性結核用病室となっています。
院内感染防止の観点からナースルームは陽圧化され、一般病棟個室でも感染症対応ができるよう陰圧換気装置を配備しております。 もちろん呼吸器科外来でも陰圧換気は徹底していて、Biohazard面で万全を期しています。
診療面では、日本外科学会・日本消化器外科学会・日本消化器内視鏡学会の指導医および専門医資格を持つ外科医2名が、 外科部門と合わせて診療を行なっており、呼吸器科のみならず一般外科的診療を加味できる点を特色としています。
 今後は、蓄積した臨床データを基に日本呼吸器学会の専門医育成、および同学会と日本外科学会の認定施設取得を目指す予定です。  結核という病気のみでなく、社会経済的な面での最後の砦(Safety Net)としての役割も果たしたいと考えております。