医療安全管理室

医療安全管理室のご案内

当院では、患者さんの目線に立った安心・安全な医療の提供に努めています。  医療安全管理室では、専任の医療安全管理者と各部門の医療安全推進担当者が連携・協議の上、患者さんが安心して医療を受けることができるように、組織横断的な活動を行っています。

 

医療安全管理室の業務

●ヒヤリハット報告の収集・分析・対策

インシデントレポートシステムにより、医師・看護師・コメディカルからのヒヤりハット事例を収集し、分析や対策の立案・実施・評価フィードバックを行い事故防止に努めています。

 

●医療安全に関する現場の情報収集と実態調査・対策

医療安全推進委員による、転倒転落・医療機器・与薬のワーキンググループでラウンドや実態 調査、業務改善に努めています。

 

●医療安全マニュアルの見直しと徹底

定期的に医療安全マニュアルを見直し、各部署における徹底に努めています

 

●医療安全に関する最新情報の把握と周知

最新の医療安全情報を収集し、タイムリーな『医療安全情報』を発行し周知に努めています。

 

●医療安全に関する教育・研修の企画・運営

リスク感性を育てるための教育、研修を企画運営しています。

 

 

改善事例

1.離院時の対応フローチャート見直しと周知
2.富山病院ハイリスク薬・注射投与注意薬リスト作成と周知
3.ハイリスク薬 電子カルテ入力時、注射箋・ラベルに(危)の印字で注意喚起
4.ノロウイルス・疥癬マニュアル見直しと周知
5.救急カート管理の見直し
6.火災報知器作動時の対応フローチャート作成と周知
7.与薬時の確認手順作成と周知
8.麻薬マニュアル見直しと周知
9.生体情報監視装置マニュアル作成と周知

 

photo